占い

タロットカードの歴史について

タロットカードには深い歴史があります

タロット占いの始まりは古代エジプトや古代ユダヤと様々な説があり、はっきりとは分かっていません。
主に14世紀~15世紀の間にヨーロッパで作られたゲーム用のカードが起源とされています。

その時代のタロット占いは遊びの一部で、現代よりもフラットなものでした。
そうして15世紀末から16世紀にかけて、発祥の地であるイタリアからフランス、ドイツ、スイスと中央ヨーロッパ各地へ広まっていきました。

19世紀末にはイギリスのオカルト集団によって、西洋間術のツールとして使われました。
タロット占いがポピュラーになったのは、1970年頃の英米を中心とした「ニューエイジ」というスピリチュアルブームが訪れ、人気が高まった事でタロットをスピリチュアルや心理カウンセリングのツールとして使う人が増えました。