占い

古代から愛されてきた星座占い

星座占いの歴史を見てみましょう

古代、神の化身としてあがめられていた太陽。
太陽の光は、不思議な力と人々や自然に恵みと元気を与えてくれます。

それは現代でも一緒ですね。
そんな太陽と同様に、形を変えながら移動していく月や他の惑星も神の化身であると考えられていました。

その天体にある神々の意志である星を読み取ろうとし、天体観測を始めたのが星座占いの始まりと言われています。

様々な説がある中で、古代バビロニアで行われた天体観測が起源とされ、紀元前3世紀頃にギリシャに伝わり運勢を占った(ホロスコープ)という説が多く伝わっており、有力とされています。