占い

占星術の基礎知識

占星術を用いた占い方法についてご説明します。

占星術とは何ぞや!?

占星術とは、その名の通り星を元にした占い方法です。
古代バビロニアが発祥とされています。

太陽系の惑星や月、太陽などの位置関係や動きなどからそれぞれの性格や運勢を統計的に割り出すものです。
なので単純に運否天賦に任せた占い方法と言うわけではなく、経験則に基づいた占いなのです。

占星術には基本的には2つの大きな系統に別れています。
一つ目は西洋占星術です。
ギリシャなどのヨーロッパで発展したもので、12星座占いはこちらに該当します。
ホロスコープという天体図を用いて占うことが最大の特徴です。

二つ目は東洋占星術です。
古代中国などのアジア諸国で発展した占星術で、六星占術や四柱推命などはこちら側に該当します。
風水もこちらに当たり、占術方法は東洋占星術の方が豊富と言えるでしょう。

どちらも古くからある占いであるのは間違いありませんが、西洋占星術の方が日本では親しまれているかもしれませんね。

東洋占星術はとても本格的な占いであることは間違いありませんが、専門的な知識が必要なため、手軽とは言い切れません。

その他にもある特殊な占星術

東洋占星術や西洋占星術の他にも、星を元にした占星術は数多くあります。

インド占星術
その名の通りインドで発展した占星術です。
古代のインドでは立派な科学として扱われていました。

宿曜占星術
インド占星術から派生した占術です。
インド占星術を元にしてますが、宿曜占星術自体は日本で作られたものです。
古くは真言宗の開祖、空海上人の宿曜経を教徒らが研究を重ね占術として発展させたものです。
基本的な占い方法としてはホロスコープに近いものがありますが、宿曜占星術の場合27個の星をそれぞれに当てはめると言ったものになり、更に詳細に占うことが可能です。

0学占星術
生年月日から12個の支配星を割り当てて、運勢を判断するものです。
東洋占星術や西洋占星術の特徴をミックスしているところも特徴のひとつです。
数多く存在する占星術の要素を上手く取り入れ、ひとつの占いとして確立された0学占星術は「運命学の集大成」とも言われています。